「貸切バス事業者安全性評価認定制度」三ツ星認定を更新しました

公益社団法人日本バス協会「貸切バス事業者安全性評価認定制度」三ツ星事業者の認定が更新されました。
今回も書類審査と訪問審査(現地確認等)を経て、無事、「三ツ星」の更新認定をいただきました。
これからも、初心を忘れず、安全運行に努めてまいります。

【「貸切バス事業者安全性評価認定制度」とは・・・】
バス業界団体である日本バス協会が2011年度より運用を開始した制度。

「安全性に対する取組状況」「事故及び行政処分の状況」「運輸安全マネジメントの取組状況」などを評価項目として、安全確保への取組状況が優良な貸切バス事業者について認定されるものです。